占い

タロット占いではカードに話しかけることで導いてもらう

投稿日:

タロット占いではカードに話しかけることで導いてもらう

占いに行動や言動を左右されるようなことにならないように、自分の意思はしっかり持っています。

当たる占い師がいて、一度目の鑑定で当たったからというだけで、二度目も三度目も立て続けに当たることはマレです。

そうしたことは、深層では分かっているはずなのです。

未来を予言できるなら、誰しもが幸せを掴んでいます。

それを体験したことがあるので、自分は、当たる占いでも信じ込まない、アドバイスとして聞くことを心に留めています。

でも最近始めたタロット占いは異なるジャンルかと思っています。

シャッフルに始まりソーティングで終わります。

シャッフルはガードを混ぜること、ソーティングはガードを一定の順版に並べて揃えることなのですが、これを繰り返すことでガードが浄化され、自分のものになり、パワーが強まります。

何の予備知識も持たず、ただ手に取って眺めます。1枚のカードにどんな印象を持つか、この第一印象は一度切りのものです。

自分なりのキーワードになっていきます。

インスピレーションを働かせることもできるなど、占いは未来のみならず、自分が感じた第一印象の大切さに気づけるものだと思っています。

なんとなく怖いカードだな、よくわからないカードだな、たったこれだけですが、私はカードに語りかけることをします。

時に心の中で話しかけるだけの時もありますし、無二の親友に気持ちを打ち明けるイメージで語りかけると、悩みの根源が見えてきます。

カードが私を理解してくれたように導いたメッセージを残してくれるので、毎回、スッキリします。

-占い

Copyright© テレフォンセックスオンザLIFE , 2021 All Rights Reserved.